iPhone6 vs 2万円ぐらいのコンデジ。写真・動画の比較

プロフィール
著者

映像系が本業のフリーランス・3児のパパブロガー。
車関連、Wordpress関連の事をよく記事にします。
イラストは下手なりに頑張って描いてますが、全く上手くなりません(笑)

ライトニングをフォローする

20141020_4414
参考記事:au iPhone6を購入してみた。レビュー
で書かせて頂きましたが、あまり個人的には評価の低いiPhone6ですが
巷ではカメラ機能が大幅に上がり コンデジなんて必要ないという噂まで!

まじか?!

と言っても。コンデジのつもりで使いまくってたら
バッテリーが無くなるのが目に見えてるので
仕事では使えないと思いますが、ちょっとしたスナップならば
わざわざコンデジで撮らなくても良いのかもしれません。

まあ 比較してみまっしょい。

[ad]
今回の比較は

第1のコース~♪

説明不要かと思いますがAppleのiPhone6。
SIMフリー版を買うならば10万弱もするカメラとしてだけ使うには
かなり高価な代物w
実はセンサーは今回比較のSONYが提供しているらしく
もしかして同じ結果か?!w

第2のコース~♪

参考記事:デジカメ買いました!(SONY DSC-WX220)
参考記事:SONY サイバーショットDSC-WX220(デジカメ)を数日使ってみて感想。
で、紹介した我が家が今年買ったSONYのコンデジ。
値段的には18500円ぐらい。
下位クラスの上位といったクラスにあたるのかな。
このデジカメ、個人的に気に入っているので頑張って欲しいところ。

 

写真の画質 比較

正直言って比較はフェアじゃありませんw
だって コンデジの方はズームレンズだし、画素数もかなり上ですw
写真のプロではないので、ご勘弁を。

写真に関しては室内でライティング(といっても卓上ライトw)した形で比較。
暗いところと明るい所に差があるかもしれません。
iPhoneは光学ズームがないので 2つとも一番WIDEで撮影しています。

20141020_4383
iPhone6の写真。(※クリックすると等倍の写真が表示されます)
iPhoneは基本的に写真のサイズとか選べません。
デジカメでいう8Mピクセル相当の画素数です。

印象としては全体に明るく、被写体が調度良い露出になっている感じがします。

20141020_4408
DSC-WX220の写真。(※クリックすると等倍の写真が表示されます)
全体的に 少し暗い(アンダー)露出設定。
色目(ホワイトバランス)も少し緑っぽい感じがする。
肉眼で見た感じもiPhoneの方が色目は近い感じがします。
さすがに専門機なので画素数は18Mピクセルです。

SnapCrab_NoName_2014-10-22_1-27-20_No-00 SnapCrab_NoName_2014-10-22_1-27-39_No-00
ヒストグラムで比較するとこんな感じ。
左がiPhone6、右がWX220。
明らかに露出が違いますね。
iPhoneの方が明るい部分の階調が切り捨てられているけど
全体的には適正露出のような気がする(すみません専門家ではないのでw)
WX220の方は明るい部分の階調は残して逆に暗い部分の階調を圧縮?
全体的にはやはり暗い感じになってますね。
(我ながらよく知らないので解説が適当だw)

次に拡大してみます。
20141020_4383
iPhone6の写真。
マクロ的に写真だからかも知れませんが、
意外にちゃんとボケが出てますね。
画素数の問題があるのかも知れませんが、すこしキレがないような
気もします。シャッターを切る際に手ブレが生じているせいかも知れません

20141020_4408
DSC-WX220の写真。
これは レンズの差かな~?
やはり こっちの方がキレがありますね。
ボケ味もiPhoneと比べれば綺麗です。

では、さらに拡大してみますね。

20141020_4383-2
iPhone6の拡大写真。

20141020_4408-2
DSC-WX220の拡大写真。

まあ 画素数が全然違いますから
やはりWX220の方がシャープですね。

写真で言うとやはりコンデジの方がキレがありますが
同じぐらいの画質になったら ここまで差がないかもしれません。
色目に関しても後処理で調整すればコンデジの方が良いのかもしれませんが
スナップで撮るならばiPhoneの方が綺麗に見えるかも。

こう見るとiPhoneでいいやん!て思うかもしれませんが
iPhoneはズームが光学式ではないので
拡大すると写真画質が極端に落ちます。
あくまで今回の比較はWIDEの写真の比較でしかありません。

なお、SONYのサイバーショットは暗いところの写真は
かなり綺麗に撮れるので、それは比較できないかもですね。

ちなみに暗所の写真比較すると
20141022_4427
照明はモニタの照りだけですがiPhone6だと
こんな感じ。くらーーい
(肉眼では これに近いぐらい暗いかな)

でもサイバーショットで撮ると……

20141022_4424
凄いでしょ?w(手持ち夜景モードで撮影しました)

さらに私はあまり好きではないんですが
低照度モードで撮影すると……
20141022_4430
さらに明るくなりますw

動画の画質比較

iPhone6は
-FullHD(1920*1080) QT(MOV) 30P[30fps](設定変えられない)

DSC-WX220は
-FullHD(1920*1080)AVCHD 60P[59.94fps]

今回で気づいたんですが
WX220はフルHDでプログレッシブが出来るようになったんですね。
ただしiPhoneと同じ30Pがなかったので60Pで比較しました。
コンデジとiPhone6を横に並べて同時に撮影しました。
※プログレッシブに関して分からない方はインターレース方式とプログレッシブ方式 | みるみるコラム | TOA株式会社を参考ください。

静止画の時と同じで、WX220の方が暗く感じられ色目が悪い感じがします。

vlcsnap-00001
拡大してみると、WX220の方があまい感じ。
iPhone6の方は明るくて良いんですが ノイズが多い感じです。

vlcsnap-00003
でも 動いていれば気にならないレベルかなー。

お気楽に撮るならばiPhone6の方が綺麗に見えるかもしれませんね。
プロならばWX220かなーー?(大差ない気もするw)

そもそもプロはこの2択を選ばないって?w

やはり同じSONY製のセンサーだけに
根本的な画質は似てますね。
画像処理部分の差という感じがします。

ちなみに手ぶれ補正は圧倒的にWX220の勝利です。
iPhone6は手ぶれ補正が付いたと言っても
SONYの技術から比べると まだまだな 感じでした。

結論


スナップならばiPhone6で良いんじゃない?w

子供の運動会とかの写真ならば
コンデジの方が良いと思います。
(もしかして どうせならば一眼レフか?w)

これくらいのクラスのコンデジの立場って微妙なんだなーと思いました。

WX220をご検討ならばバッテリー容量が少ないので
予備バッテリーと充電器は必需品です。

コメント