車載WiFiで快適ドライブを演出!PIX-MT100&エキサイトモバイルが最適

プロフィール
著者

映像系が本業のフリーランス・3児のパパブロガー。
車関連、Wordpress関連の事をよく記事にします。
イラストは下手なりに頑張って描いてますが、全く上手くなりません(笑)

ライトニングをフォローする

車……それは男のロマンである

 男にとって車って言うのは一種の城みたいな所ってありますよね?(笑)

 特に子供がいる場合、どうにか子供たちを退屈させないように、一所懸命考えちゃいます!(ってライトニングだけなのかしら?)

 むかし、ダンス☆マンというアーティストが「ワンボックスのオーナー」っていう替え歌、歌ってましたが、当時は単に笑うだけでしたが、今聞くと共感になっているという(笑)

 まあ、そんな事はどうでも良いので、本題ですが、今回は車内にWiFi環境を構築しちゃいましょう!っていうのが主旨です。

 以前にタブレットとWiFiストレージで環境を整える記事を書きました。

 使ってみるとやはり色んな意味でネット環境が欲しくなるもので、当初はネット環境はスマホのテザリングで対応していたのですが、iPhoneの場合、いざやってみると不安定かつ一度切れると、なかなか自動で再接続しないなど使い勝手があまりにも悪いので

 このピクセラのPIX-MT100ってのを購入しちゃいました。

 今回はこの商品の特徴と実際の設定に関してレポートしようと思います。

SPONSORED LINK

WiFiモバイルルーターってのはバッテリー内蔵が普通

 モバイルルーターって、この商品みたいなのが普通で、だいたいバッテリー内蔵式が普通です。このバッテリー内蔵式は持ち運ぶ際には絶対的有利です。

 しかし車載用を考えると困った所があるんです。

 それは、バッテリーが残っていれば良いのですが

  • いざ切れると、充電がある程度貯まるまで起動できない。
  • 起動するには手動でボタンを押す必要がある。

と言った煩わしさがあるんです!

 以前からこういった「まさに!」って言う商品があったのですが、なぜかY!mobile専用って……どうかしてるぜ!(# ゚Д゚)

 ワイモバイル専用のやつもそうですが、今回のPIX-MT100のようなUSB直差し式はUSB電源が供給されれば、自動的に回線が繋がるので、車のACC電源さえ取れていれば、基本的に車が始動している時だけWiFiが飛ぶ仕様になります。

 結構当たり前だと思われるかも知れませんが、最近まで、この手の商品が3G回線用しかなかったので、実はライトニングは困っておりました。(正確には逆輸入品で存在していたが、バカ高かった)

車用で単独SIM契約するのは勿体無い

 正直、車用WiFiって言っても、カーナビ専用に使っているタブレットとたまに家族で移動する時のエンターテインメント用ぐらいなので、旅行とかすれば増えるにしろ、平均すると月々の使用量は大した事がないはずです。

 こんなSIMの為に1契約すると基本料が勿体無いと思い、ライトニングは1契約で複数SIMがもらえるエキサイトモバイルに家族全体を切替えました。

 詳しくは、下の記事に書きましたので興味ある方は御覧ください

SIMが届いたら挿入してみる

 音声通話SIMも一緒に頼んだ場合、どちらか一瞬分からなくなりますが、写真のように「データ通信」と書かれたシールが貼ってある方を使います。

 PIX-MT100のサイドからSIMを差し込みます。SIMの方向は写真の様に金の端子が見える方を上にします。

APN設定

 次にAPNの設定をします(これをしないと使えないです)

 まずPIX-MT100にUSB電源を繋ぎ、始動させます。

 次にタブレットなどを無線LAN、SSID「MT100_xxxx」と接続。パスワードは本体シールに書いてあります。

 ブラウザを立ち上げ、アドレス欄に下記を入力

192.168.0.1

 そうすると、上のような画面になるので「モデム設定」にて

APNvmobile.jp
認証タイプPAPまたはCHAP
ユーザー名設定は不要です
パスワード設定は不要です

を入力すると、あら不思議、データ送受信ができるようになります。

VOXY70系ならばアッパーボックスに入れちゃう

 VOXY70系ならば運転席目の前のアッパーボックスに他のものと一緒に入れると、配線がごちゃごちゃしなくてスマートです。

 これに関しては下の記事に詳しく書いていますので、興味があれば御覧ください。

コメント