超分かりやすいルービックキューブ解法 その3

プロフィール
著者

映像系が本業のフリーランス・3児のパパブロガー。
車関連、Wordpress関連の事をよく記事にします。
イラストは下手なりに頑張って描いてますが、全く上手くなりません(笑)

ライトニングをフォローする

 

DSC05082-2
今回の目標は
STEP3 サイド2段目まで完成させる
です。

正直、ここからはパズルと言うよりは
覚えないと出来ないかもですね。

SPONSORED LINK

DSC05060-2
前回は青面とサイド1段+中央まで揃えました。

今回以降は青面を下に持ち替えます。

DSC05061-2
ここからサイド2段目を揃えていきますが
中央は既に合わせているので
基本的に赤の斜線部分をそれぞれの角であわせて行きます。

これも当たり前なんですが
赤色の斜線に入るべきブロックは
必ず青の斜線(写真で写っていない裏も同様に含む)の場所にあります。


パターン1


まずはABのブロックを黄色のところに移す方法です。
このパターンではAの色とその下の色が入れたいところの
左側に来た場合のパターンになります。
下記の呪文を覚えてくださいw

左 上 右 下 時計 下 反 上

前回も書きましたが
基本的には ブログでは 写真の左面を中心に考えます。

そして基本的に動かす所は その面の
上段と 右縦ライン と その面全体を時計回しか反時計回し
するだけで解法できます。

と言っても 実際にやってみないとわからないと思うので
実際に解説しながら見て行きましょう


では 上段を左に
DSC05063-2
次に右縦ラインを上に

DSC05064-2
上段を右に

DSC05065-2
右縦ラインを下に

DSC05066-2
左面を時計回しに

DSC05067-2
ここで そのまま 呪文の通りやって貰っていいのですが
DSC05068-2
ブロックの動きが分かりやすいように左面を上に
解説しやすいようにしてあります。
ここから左面の右側縦ラインを下に
DSC05069-2
これで左面を 反時計回しに
DSC05070-2
そして左面 右側縦ラインを上に
DSC05071-2
これで ABのブロックは定位置に入りました。


パターン2

DSC05072-2
今度のパターンではAの色とその下の色が入れたいところの
右側に来た場合のパターンになります。
また下記の呪文を覚えてくださいw

右 反 左 時計 下 時計 上 反

なんか 先程はなんか規則がありそうで
覚えやすかったですが
今回は覚えにくいですね~~(T_T)

実はこれは 左面中心ではなく
右面で 上段と左縦ラインで考えると
「右 上 左 下 反 下 時計 上」となりますが
まあ 覚えやすい方でどうぞ。
ちなみに私は ここは丸暗記ではなく
青の位置変化理論を覚えてやっています。
DSC05072-3
とりあえず やってみましょう!
左面を中心にして考えていきます。
まずは上段を右に
DSC05073-2
次に左面を反時計回しに

DSC05074-2
上段を左に
DSC05075-2
左面を時計回しに
DSC05076-2
左面 右側縦ラインを下に

DSC05077-2
DSC05078-2
そして 左面を時計回しに
今回も分かりやすいように下面が見えるように撮影しました
DSC05079-2
左面 右側縦ラインを上に
DSC05080-2
そして 左面を反時計回しに

DSC05081-2
これで定位置に入りました。


パターン3

DSC05139-2
上の写真のように
既に間違った形で入れたいところに入っている場合

このような場合は パターン1または2を施すことによって
赤丸のブロックは上段にきます。
上段に上がったらパターン1or2をまた試してみていください

DSC05082-3
これを4角 同じように行えば
出来上がりです!

次回は緑面の十文字を作っていきます

前の記事:超分かりやすいルービックキューブ解法 その2
次の記事:超分かりやすいルービックキューブ解法 その4

コメント