超分かりやすいルービックキューブ解法 その4

プロフィール
著者

映像系が本業のフリーランス・3児のパパブロガー。
車関連、Wordpress関連の事をよく記事にします。
イラストは下手なりに頑張って描いてますが、全く上手くなりません(笑)

ライトニングをフォローする

DSC05140-2
さあ だいぶ出来上がってきました。
前回の呪文で覚えられない!という方が多かったんではないかと
思いますが、実は これからの方が比較的覚えやすかったりしますw
今回は

STEP4 緑面の十文字を作る

まで やりたいと思います。

SPONSORED LINK

サイドが2段目までできているのに
次は緑面かい! とツッコまれそうですが
その方が良いみたいです
(基本的に ルービックキューブに付いていた解法に沿っています)

2段目にまで出来上がった状態で緑面を見てください。

角は忘れると3パターンになるようです。

step04pattern
1. 中央のみ
2. 3つあって角になっている
3. 3つで一列
4. 十文字になっている。
※これらは4角が何であるかは関係なく 十文字だけで判断します。

の4パターンのいずれかになるようです。
(本来から言うともっとパターンはありそうですが、このパターン以外に遭遇した事がありません)

ちなみに(4)は 今回の完成形なので、このようになったら次回のSTEP 5にお進みください。

で、 今回の呪文ですが……

時計 上 左 下 右 反

前回 同様 左面を中心に考えています。
そして 完成形を抜かすと3パターンありますが
(1)に この呪文の解法を行うと(2)になり
(2)に この呪文の解法を行うと(3)になると言った
一つの呪文で全てが事が足りる優秀なものですw

ただし、向きを気をつけないといけないところもあるので
それも含めてパターン1から 追ってやっていきましょう


パターン1

DSC05083
まずはこれです。
緑が3つありますが、十文字のところしか見ないので

DSC05083-2
ひとつ って事になります。

DSC05084-2
緑面を上にして持ちます。
※基本的に右側縦ラインと上段、そして手前の面全体を回す以外はしません
ではこれを呪文通り 時計回しに。

DSC05085-2
次に 右側縦ラインを上に

DSC05086-2
上段を左に

DSC05087-2
右側縦ラインを下に
DSC05088-2
上段を右に
DSC05089-2
手前の面を反時計回しに

DSC05091-2
これで 一段落です。
緑面を見ると(2)の形に変わっています。


パターン2
まず(上面の)緑面を
DSC05093-2
このように 左と上にある状態に持ち替えます。
(この形は覚えてください)

この状態から
先ほどと同じように呪文通りに回すと……
なんと(3)になります。


パターン3
DSC05094-2
未だかつて 私は 縦に一列になったことはないのですが
一応 上面を上の写真のように横一文字になるように持ち替えます。
※何度も云いますが4角の色は無視します。(緑があろうがなかろうが)

これで この緑面を上面に持って
呪文通り回すと……
DSC05096
みごと 十文字になりました!

今回はここまで。
次回は緑一面を完成させます。

前の記事:超分かりやすいルービックキューブ解法 その3
次の記事:超分かりやすいルービックキューブ解法 その5

コメント