[保存版]ギボシ端子を電工ペンチ(圧着工具)でかしめ方

プロフィール
著者

映像系が本業のフリーランス・3児のパパブロガー。
車関連、Wordpress関連の事をよく記事にします。
イラストは下手なりに頑張って描いてますが、全く上手くなりません(笑)

ライトニングをフォローする

最近やたらと車いじりしているライトニングです!

車の電気関係をやっていて避けては通れない物……それは……

ギボシ端子

「ギボシ端子!!」

正直、なぜか車やバイクでは、よく使うのですが、一般的には殆どお目に掛からないためかイマイチ情報がないのが、このギボシ端子なんですよね。

ギボシ端子のかしめ方(電工ペンチの使い方)大人用 - YouTube

ライトニングの場合、上のYouTubeで勉強したのですが、今回はワタクシめがギボシ端子を圧着する方法を伝授させて頂きたいと思います!

SPONSORED LINK

圧着工具の選び方

フジ矢の電工ペンチ

ライトニングはフジ矢製の電工ペンチを使用していますが、どんな使い方をするかによって様々なんで、色々と調べてみると良いと思います。

ただし ライトニングも購入する時迷ったんですが、各メーカー簡単に圧着工具と言っても用途によって色んな種類があるんですが、「ギボシ端子用」ってのは無いんですよ!

種類的には

  • 絶縁端子用
  • 裸圧着端子用
  • ファストン端子用

このいずれか又は2つの複合型かと思いますが

ファストン端子(FASTON)用」を選んでください!

ファストン端子とギボシ端子は全く違うものなのですが、かしめ方(圧着方法)が同じです。

ライトニングは安物を使っていますが、実際、連続して使っていると非常に握力を使ったりもするので、お金に余裕があるならばプロ用の物を検討してみるのもありかも知れませんね。(道具は結構大事!)

本気でやるならばプロの道具を豊富に扱っているところの方が良いと思います。RSコンポーネンツというサイトが海外製品も豊富でした(参考まで)

ギボシ端子にはオスとメスがある

ギボシ端子にはオスとメスがある

基本的な事ですが、ギボシ端子には「オス」と「メス」があります。

通常の状態であるとメス側はカバーが大きく、万が一抜けたとしても端子が外部に触れないようになっています。

ご存知かと思いますが、車の場合、車体全体にマイナス電極が流れており、プラスの端子が(全てではないが)ボディに通じる金具に触れるとショートしてしまいます。

なのでバッテリーから流れる+電極側にはギボシ端子の「メス」側になるように取り付けないといけません。

バッテリー側は

+がメス で -がオス

と覚えておいてください。

導線(電線)の作業

導線(電線)の皮を剥く

エーモンの電線

今回は車いじりの際によく使う0.50sqという太さの配線コードを使って見ようと思います。

「sq」って何よ?

電線の太さの規格って数種類あって各国違うようです。(分かりにくーい!)

で、sqってのは、簡単に言うと mm² の事です。つまり0.5sq = 0.5 mm² てこと。

で、線を剥く時に使うワイヤーストリッパーなんかにも電線の対応が書いているんですが、メーカーによって書いてある規格がマチマチ!

なので下の対応表を確認して使ってみてください

sqAWG断面積mm²電線部直径
0.2AWG240.2050.5mm
0.5AWG200.5190.8mm
1.25AWG161.311.3mm
2AWG142.081.6mm

0.5sqの電線は0.9mmでむく

フジ矢の電工ペンチのワイヤーストリッパー部分の数字は直径サイズだと思われるので、0.5sqの電線は9の穴で挟んでむきます。(10mm~15mmぐらい)

ひねらずそのまま抜く

良い切れ味の道具ならば、力入れず引っ張れば

カバーがむけた

簡単に抜けるはず。

導線をねじってUの字に曲げる

電線部分をねじる

電線部分をねじってスパイラル状にします。

さらに半分ぐらいのところで折り曲げて、Uの字のように折りたたみます。(このようにしておくと抜けにくくなります)

ギボシ端子のオスを取り付ける

カバーを通す

オス-カバーを先に通す

後からは入らなくなるので、先にカバーを通します。(細いほうが根元側)

圧着する部分は2箇所ある

ギボシ端子をつっこむ

オスのギボシ端子をお尻から突っ込みます。

かしめる位置

ギボシ端子の場合、かしめる(圧着する)部分が2箇所あります。

電線圧着部分がカバーと電線の境目ぐらいになるように位置します

電線側部分の圧着

電線圧着部分仮止め

まずは本当の大きさより1段階大きなところ(フジ矢のやつならば2.0)で軽く圧着し仮止めします。

仮止めした電線圧着部分

意味的には圧着部分を綺麗に丸めるためって感じです。

電線圧着部分を本締め

そのあと正式サイズ(フジ矢の場合1.25)で思い切り圧着します!(本気で!)

電線圧着部分完了

これで完了!

カバー側部分の圧着

カバー側の仮止め

こちらの方が先程より大きいので、仮止めも1ランク上で(フジ矢の場合5.5)

カバー側の本締め

そして2.0の方で本締め!思い切り行っちゃってください!!

締め終わり

圧着完了!!!

カバーを戻す

カバーを戻す

最初に通しておいたカバーを戻します。

ちょっとオス側は引っ掛かったりして、うまく入らないかも知れませんが頑張ってくださいね

ギボシ端子オスのカバーはここまで

カバーは写真のところまで入ったらOKです。

ギボシ端子のメスを取り付ける

メスも同様にカバーを通す

メス側も同じようにカバーを先に通して

メスもかしめる

オスと同じ要領で圧着して

メスのカバーを戻す

カバーを戻したら完了です。

オスとメスをくっつける

完成品

完成したものを、それぞれ差し込めば

オスとメスとをくっつける

電流が流れます。お疲れ様でした。

番外編:2マタ端子を作る

電源を分岐するときなどは(0.5sqならば)2本まとめて圧着しちゃいます(3本は太さ的に無理)

2本分皮を剥く

まず2本の皮をむきます。U字に折り畳まないので一本の時よりは短めに(写真のはちと短すぎたかも)

2本まとめてよじる

今度は2本まとめてよじります

カバーを通す

結構窮屈ですがカバーを先に通して

2本の時は折り畳まない

シングルの時は違い、折り畳まずに端子を突っ込みます(と言うか2本分で折りたたむと端子が突っ込めない)

2本分を圧着

シングルと同様圧着するとこんな感じ。圧着部分が意外にフィットします。逆に食い込んでいないので、かなりしっかり圧着してください。

二股完成

これで二股ギボシの完成です

という事で

今回はギボシ端子の圧着の仕方でした。

慣れれば簡単なんですが、油断すると結構スッポ抜けるので、本気で締めることをオススメします(良い工具だと大丈夫だけどね)

コメント